医療機関での脱毛

医療機関で全身脱毛

全身脱毛を行う際は、脱毛サロンまたは医療機関での施術となります。

医療脱毛のオススメ


ただし、脱毛サロンは安くて医療脱毛は高いというイメージがありますが・・・
  • 使用している機械やレーザーの出力が異なること
  • 医療脱毛は、高度な技術を要する医療行為であること
これらを踏まえると、両者に価格差があるのは仕方の無いことです。
それでも高いなりに医療脱毛ならではのメリットもあります!

そこで今回は、医療機関で行う脱毛についてご紹介します。

レーザー or 針

医療脱毛で古くから扱われているのが、針脱毛(ニードル脱毛)です。
こちらは毛穴一つ一つに細い針を刺して電流を流し、毛根の細胞を確実に死滅させます。

最も効果が高いのですが、痛みが強いのが欠点です。
デリケートゾーンなど、限られた部分を確実に脱毛したい方に向いています。

一方、医療脱毛で最も普及しているのが、レーザー脱毛です。
毛の黒い部分に反応する光を照射し、毛根の細胞を破壊します。

1回のショットである程度の範囲が打てるため、針脱毛よりも施術時間が短く、痛みも少ないです。
一見、脱毛サロンで行われている光脱毛のようですが、それよりも強いパワーなので、人によっては痛みが多少あるかもしれません!

レーザーの種類

医療レーザー脱毛は、医療機関によって使われる機械も異なります。
機械によってレーザーの種類も異なることがあります。

アレキサンドライトレーザー

最もよく使われているレーザーです。黒い色に強く反応するのが特徴。

YAGレーザー

毛穴の奥深くまで熱が届くレーザーです。
メラニンに対する反応も弱く、肌色が濃い方や色素沈着のある部位に向いています。
男性のヒゲ脱毛にも適しています。

ダイオードレーザー

アレキサンドライトよりもさらに深くまで光が届きます。
色素の薄い産毛から、太く強い毛までさまざまな毛質に対応が可能です。

一部の医療機関では、部位や毛にあわせて機械を変えてくれることがあります。
全身脱毛をお考えの方は、事前のカウンセリングでどの機械を使用するのか
きちんと把握しておくと安心です。

トップへ