施術後の「寒さ」対策!

夏でも対策は必要

脱毛ラボの施術に痛みはほとんどありませんが、代わりに「寒さ」があります。
とても冷たいジェルをたっぷり塗られて、身体が冷え切ってしまうのです。

寒さ対策は重要

脱毛ラボの店員さんいわく、ジェルは施術間際まで冷蔵庫に入れてあって、しっかり冷やしてあるそうです。冷たいジェルを塗布することで、なるべく肌の負担や熱をおさえるためなんだそうです。

確かに痛みはありませんが、施術が終わったころには身体が震えるほど冷えてしまうので、必ず脱毛ラボで施術するときは、たとえ夏であっても「寒さ対策」をしてください。

冬よりむしろ夏のほうが、施術しながら冷房を浴びて身体がどんどん冷えてしまいます。一番おすすめは、カイロです。施術が終わったあと、お腹や背中にカイロを張りましょう。温かいお茶をボトルに入れて持っていくのもおすすめです。

腹巻や長袖のシャツ、ヒートテック等も有効です。身体が冷えすぎてしまったせいで、お腹を壊すひともいるくらいなので、寒さ対策は万全にしていったほうがいいでしょう。

とくに全身脱毛の場合は、背中やお腹、胸元といった広範囲を施術しますから、体調が悪いときや風邪が治りきってない状態で施術を受けるのはやめたがほういいです。寒い時は店員さんに言って、厚手の毛布をかけてもらうのもおすすめです。

トップへ