脱毛ラボの歴史は、まだまだ浅いんです。以前は、エピラボとして始まったんです!

いち早く月額制を導入したサロン

脱毛ラボは2010年にできた脱毛サロンです。
「結構最近なんだね」「老舗だと思ってた」と思う方も多いかもしれません。

店舗を急速に拡大中

脱毛ラボは店舗数が80店舗以上あり、あらゆるメディアで取り上げられている人気店なので、その歴史も古いと思うひともいるでしょう。脱毛ラボがこれだけ短期間で成長できたのは「月額制」をどこよりも早く導入したサロンだからです。

ローン支払いではなく、月々月謝のように払っていくシステムは、当時他のサロンにはありえないものでした。サロンにとって「まとめて支払ってくれない」ことはデメリットでしかなかったからです。

そんな「お金があるひとしか脱毛できない」「お金がなければ脱毛を始めることすらできない」という、いわば「サロン優位」の脱毛業界で、「まとまったお金はないけど、脱毛はしたい」というお客のニーズに、脱毛ラボがいち早く気付き、応えたのが「月額制」だったわけです。

脱毛したい女性の心をつかんだ脱毛ラボは、創業わずか6年で80店舗以上を経営することとなりました。そして、シンガポールやタイ、香港など、海外にも店舗を広げることに成功したのです。

脱毛ラボは「多くの女性に美しくなってもらいたい」という思いから、「月額制」の特許をとらず、広く、どのサロンでも「月額制システム」を使えるようにしています。実際「月額制」を導入するサロンは増えていますが、脱毛ラボ経営陣はこれを「世間が認めてくれたという証で、嬉しい」と感じているということです。

真似されても嬉しい、自分たちのはじめたことが世間に広まり、より多くの女性が気軽に脱毛できることがうれしい、そう思える優しい会社だからこそ、ここまで多く店舗を広げ、人々に受け入れられてきたのでしょう。

脱毛ラボはこれからも多くの女性に愛され、店舗拡大が期待できる脱毛サロンといえます。

トップへ