ムダ毛はホルモンと密接な関係があります

ホルモンと毛の関係

「男性ホルモンが多いと毛が濃い」というの、聞いたことありませんか?

ホルモンと毛は密接な関係にあります。
まず男性ホルモンは、女性のなかにも存在しています。

男性ホルモンのうち「テストステロン」と呼ばれるホルモンが、毛と密接な関係にあり、これが出てくることで毛の元である「毛乳頭」「毛乳体」に「毛を発生させろ」という指令を出します。

このテストステロンが多ければ多いほど、しっかりした濃い毛が生えてくるのです。
体毛の濃い女子を「オス化女子」なんて呼んだりしますが
これは「男性ホルモンが多い女子」ということから、そう呼ばれるようになったものです。

男性ホルモンが多く分泌される原因は「ストレス」「食生活の偏り」「不規則な生活」があげられます。

なかでも一番の原因になるのが「ストレス」です。

ストレスを過剰に受け続けていると、身体や心を守るためにストレスを軽減させるためのホルモン「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。副腎は、男性ホルモンを作る器官でもあるため、ストレスに副腎皮質ホルモンが作られる状態が続くと男性ホルモンまで活発に分泌されるようになるのです。

「食生活の偏り」に関しては、肉を多く食べていると体毛が濃く太くなるという傾向にあります。
動物性たんぱく質には、男性ホルモンを活発にさせる働きがあるからです。

大豆が女性ホルモンを活性化

野菜や魚、女性ホルモンと似た働きをする大豆(イソフラボン)も、意識して食べるようにしましょう。

人間は寝ている間にホルモンを分泌させています。
女性ホルモンも分泌させるために、しっかり睡眠をとりましょう。

不規則な生活を続けていると、つねに男性ホルモンばかり出て、女性ホルモンに影響がでてしまいます。とくに22時〜深夜2時まではホルモンが良く出る時間帯ですので、意識して眠るようにしましょう。

トップへ