脱毛できない人の条件って、どんなの?

通えるかどうか不安なら確認しよう!

脱毛ラボの脱毛方法は肌に優しく、敏感肌のひとでも施術することができます。

しかし施術できない方も中にはいるので、以下の条件にあてはまるひとは注意してください。

「既往症がある」「薬を服用している」「光てんかん発作がある」「大きなあざやほくろがある」「手術をして、体内にシリコンや金属が入っている」「刺青(タトゥ)がある」。
これらの条件に当てはまる人は、カウンセリングで必ずスタッフに言いましょう。

電話で施術できるか確認しよう

妊娠&授乳中は脱毛施術が受けられませんので、妊娠したときはすぐにサロンに連絡して、休会手続きをしておきましょう。この他、生理のときは施術ができませんし、日焼けしすぎている時も施術を断られてしまいます。

日焼けしていると肌が黒くなっており、黒いものに反応する光を当てることで、肌全体が火傷状態になってしまうからです。

また肌がカラカラに乾燥していると、光を当てても浸透せず効果が得られないことから施術を断られてしまいます。脱毛ラボに通っている間は日焼けや乾燥に十分注意するようにしましょう。

「こういう状態は施術できるの?」「不安なことがあるけど、脱毛はやってみたい…」
そういう方は、カウンセリングへ行く前に電話で確認してみると良いでしょう。

わざわざカウンセリングへ出向いて「契約できません」と言われたらがっかりですよね。
脱毛ラボは総合コールセンターがあるので、不安なことはなんでもすぐ相談できます。

契約前、一度も来店していないお客でも
きちんと質問に答えてもらえるので気軽に電話してみましょう。

トップへ