脱毛ラボに通う上での注意点をチェック

予約のキャンセルには注意

脱毛ラボの月額制導入によって、全身脱毛が毎月月謝を支払うように気軽に受けられるようになりました。
それまで全身脱毛で何十万円もの契約を組んだ方にとっては、とても考えられないことです。

毎月たったの1万円程度支払えば、1年で6回もの施術を受けられるようになるんですからね!
それも他のサロンとは違い、顔から足先までが施術対象ですから本当にお得です。

しかし、その反面月額制だと多く通う必要があるといったデメリットもあります。

月額制の場合、1回の来店で全身の1/4を施術するわけですから
月に2回の来店だと、全身を1回施術するのに2ヵ月掛かってしまいます。

もちろん、定期的に予約を取る必要もなく空いていれば、1回目の施術の翌日にだって予約可能です。

ただ、現実問題として月2回通うとなれば本当に大変です。
たとえば、こんなことないですか?
  • 急に生理になった
  • 突然、休暇が取れなくなった
  • 身内の不幸があった
  • インフルエンザにかかってしまった
このような場合、とても当日の施術なんて無理ですよね!
そこで、渋々キャンセルとなるのですが、脱毛ラボの場合は注意が必要なんです。

キャンセル料金が発生すること自体は、脱毛ラボに限ったことではないのですが
ただ、他のサロンに比べると予約のキャンセルについは非常に厳しいんです。

多くのサロンでは、前日のキャンセルなら料金が発生しないことが多いのですが
脱毛ラボの場合は、予約の2日前までにキャンセルしないと、理由はどうであれ請求されてしまいます。

しかも、月額制の方は、当日キャンセルだとキャンセル料金を取られたうえに
施術を受けなくても1回分消化された扱いになってしまいます。

つまり、二重の過失に問われるわけです。

キャンセル料金は、1回あたり1,000円なのですが
1回分の消化扱いとなると、かなりの損失になってしまいます。

ですから、予約を取るときには、予定が入る心配がないか十分注意する必要がありますし
予定が立てにくい方は、トータルで支払う料金は同じなので月額制よりは6回パックの方がオススメです。

剃り残しも追加金発生!

脱毛ラボは予約のキャンセルに関しては、他のサロンに比べると
非常に厳しい対応をされますが、実はキャンセルだけではありません。

剃り残しに対しても、追加料金が発生してしまうのです。

施術の2〜3日前にシェービングを行ってくださいとカウンセリングの時に指導されます。
ところが、自分では手が届きにくい部分に関しては、鏡を見ながら行っても上手くできませんよね!

背中やデリケートゾーンあたりは、特に自分一人では困難です。
かといって、デリケートゾーンは家族であってもシェービングしてもらうのは気が引けます。
多くのサロンでは、自分でシェービングしにくい部分に関しては無料でサロンの方で行ってもらえます。

しかし、脱毛ラボだとシェービング代金1,000円が発生してしまいます。

このように追加金を加味しても、他のサロンと比べると非常に安いので仕方のないことです。
ただ、避けられるものならできるだけ避けたいのが心理ですね!

トップへ