部位によって脱毛効果は異なります@毛周期の影響からかもしれません!

効果があらわれにくい部位にあわせることが大切

脱毛をはじめると「ワキは減りがいいのに、顔はなかなか減らない」
「すね毛はすぐ減ったのに、太ももの毛は全然減らない」ということが起きます。

これは毛の濃さによる差です。

脱毛の光は黒色に反応するのですが、黒が薄い
つまり産毛だと反応が悪いという特徴があるのです。

薄い毛でも、まったく反応していないわけではないので、二の腕や鼻下といった薄い毛でも、回数を重ねることで確実に減ります。ただ、脇やVIOのように濃い毛ほど、はっきり減るのが分からないので「本当に減ってるの?」と不安になることもあるでしょう。

濃い毛は6回くらいで変化がわかりますが、薄い毛は10回以上しないと分からないと思って通ったほうが良いでしょう。脱毛回数を選ぶときは、なかなか減らないほうの毛にあわせるようにしましょう。そうしないと、ひざ下はきれいになったのに太ももは毛が残っているという感じで、仕上がりにムラができてしまいます。

どの部位の毛も18回くらいすれば十分光がいきわたり、ツルツルあるいは目をこらさないと見えない程度の仕上がりになります。満足するまで何度でも通える月額制を選ぶか、18回パックプランで契約するのがおすすめです。

脱毛ラボのパックプランは途中解約もできますから、最初に18回契約しておいて「全部の毛がなくなったのを確認して、途中解約する」という手もありますよ。

トップへ