VIOラインの施術って恥ずかしい・・・実際どのようにしているのか?

慣れれば恥ずかしくない!

Vラインはビキニライン、Iラインは陰部まわり、Oラインは肛門周り
つまりVIOラインとはショーツにかくれている部分のことを言います。

 

VIOを脱毛するメリットは「陰部まわりを清潔に保てる」「水着を着た時毛がはみださない」「蒸れやにおいを抑えることができる」というものがあります。

 

脱毛ラボではVIOラインもすべて脱毛範囲に含まれています。

 

「VIOを他人に見られるなんて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、ここを脱毛しておくと本当に快適ですし、VIOを省いたからといって値段は変わりませんので、まとめて脱毛しておくことをおすすめします。

 

ビキニラインの施術風景

VIOを脱毛するときは、紙ショーツとラップタオルを巻きます。仰向けに寝て、ひざを立てて、足を開いた状態で施術を受けます。

 

恥ずかしい格好ですが、施術を受ける側は目元にサングラスをしていて、店員さんと目があうことはありません。店員さんも、数多くのVIOを処理していて慣れていますから、恥ずかしいと思わなくても大丈夫です。

 

VIOはデリケートなゾーンなので、脱毛ラボのSSC脱毛でも少し痛みを感じることがあります。
2〜3回脱毛して、毛が減ってきたら痛みはもう感じなくなりますので、最初の数回だけ頑張って耐えましょう。

 

トップへ